« 鎌倉サイクリング案内:導入編1 | トップページ | カーボン樹脂で修理 »

2006.07.27

 以前は車にかなり興味があったけど、この頃はあまり雑誌なども読まなくなって興味も薄れてしまっている。まあ、家族もたくさんいる訳でスポーティーなクーペという訳にも行かず仕方のない事なのかも知れない。
 面白そうな車というと、何故か国産車は思い浮かばず外国車の方が個性があって楽しそうなどというのは、良くある輸入物に対する根拠の無い色眼鏡なのかなぁ。我が家の車は、スペインで作っているフォード「フォーカス」という超マイナー車でもう家に来て5年近く経つのだが、外観がちょっと変わってるだけで、とりわけ高性能などと言う訳でなく良くある大衆車だ。だけど、乗り味はかなりどっしりしていて、ハンドリングなどもしっかりしている。その前はBMW318is(MT!!)と言うマニアックな車に乗っていたが、勝るとは言わないまでも結構肉薄している。5人乗りのハッチバックとしてはなかなかいい感じだと思う。
 しかし、日本ではこの車は全然知られていないし、販売上も戦略がしっかりしていないせいもあり、全然売れていない。最近、モデルチェンジしてやたら幅が広くなった(1.83m)のだが、輸入しているのは普通の1.6Lと2.0Lの4速ATという普通の車種だし(一部高性能車があり異彩を放っているが)、またもや何をメインとして売りたいのか解からない状態に見受けられた。
 欧州では、COの排出量からディーゼル車がかなりのシェアを占めているようで、例えばベンツのEクラスでは半数はディーゼルとの事だ。わが国では、完全に悪者にされているディーゼルも所変われば、一般の乗用車から高級車にまで搭載しても十分対応できるエンジンとして熟成されているようで、日本では考えられない状態だ。もちろんフォーカスも欧州ではディーゼルをラインナップしていて、これは5ドアで1.6Lディーゼルターボで7速CVTなどというやたら変わった車もあるので、こんなのを輸入してみるのもいいかも知れない。え、売れるわけ無い?いまでもそんなに売れてないからダメージ無いでしょ、といい加減なことを言ったりして・・・

続きはこちら
 

|

« 鎌倉サイクリング案内:導入編1 | トップページ | カーボン樹脂で修理 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

ドイツのフォードのサイトを見ると新しく2Lのターボディーゼルがラインナップしてますね。パティキュレートフィルター付なんてなんて先進なんでしょう。

投稿: ななしです | 2006.07.28 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

» フォーカス FORD FOCUS (フォード) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「フォーカス FORD FOCUS (フォード)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 《新車・中古... [続きを読む]

受信: 2006.09.08 17:50

« 鎌倉サイクリング案内:導入編1 | トップページ | カーボン樹脂で修理 »